Make your own free website on Tripod.com

第4回公演 (PART2演劇祭参加作品)

場  所   一心寺Part2

日  時   01/5/12(Sat)

         5/13(Sun)

タイトル   あのカゲロウたちが空を闇に覆い尽くすまで
        〜僕は人生の一番大事だと言われる季節にゲームばかりしていたから・・・〜

   作   中島 伸周

演  出   山本 雅貴

キャスト   前田 当  ・・・・・山本 雅貴

       高萩 英弘  ・・・・土井 佳憲

       ジャグァ司令 ・・・・唐城 成仁

       宇宙少年キルル ・・・高島 奈々

       豆島 冥霧  ・・・・大津 裕子

       宇宙ノ大悪党
        ブラック・カディス ・・・日比 正明


STORY  「あっ!なんか飛んでる。」
        「蜻蛉だろ。」
        「カゲロウか、なんだー。」
        いつものように河原で時間を潰すアタリヒデヒロ。しかし、ヒデヒロの様子は
        いつもと違っていた。
        「お前、今日はすこし変だぞ。」
        「俺は明日から街に行く。 そこで働いて暮らす。だから今日でお前とはさよならだ。
         今日はそれが言いたかった。」

       
「えっ?」
        「さよなら。」
        取り残されるアタリ。
        「友達に裏切られたんだ。」
        引きこもるアタリ。
        アタリは街で奇妙なチラシを受け取る。そこにはこの世のこれまでの常識を覆すような、
        裏技と呼ぶにふさわしい新しい真理と呼べるモノが暗号のような形でこう書かれていた。
        『こぼれ落ちる方法』
        アタリは家で書かれている通りの実験を行う。そして実験から3日くらい後の事・・・。
        「hるるるるるるるるるるー!」
        けたたましい音と共に現われた左手がハサミで全身真っ赤な怪しいヤツ。ヤツの名はカディス
        自称、 偉大なる悪の大精霊
。カディスはアタリを誑かし悪の道へと引きずり込もうとする。
        どうする、アタリ!?
        そして、次々と現れる変な人達。萩之茶屋宇宙開発局所属コモドールジャグァ司令
        青いつなぎが眩しい宇宙少年キルル。襲い来る銀色のセンチピードの猟犬100パー(100%)
        不幸
なとらばさみの似合う少女メイム
        アタリはどうなってしまうのか?街へ行ったヒデヒロは?ジャグァ司令の真意とは?アタリ
        メイムラブロマンスは訪れるのか?そしてカディスの正体とは?
        頭ワルイカッコイイ紙一重アヤシイ幻想的紙一重醜い美しい紙一重嫌い
        好き紙一重真実だって紙一重。でもそこにあるのはホントの気持ち、これすなわちホントの
        話し
。人間たいがいの行動は誰しも本気だって事。
        これは、ゲームばかりしている貴方とそうでない君に送る「ゲーム」「河」「カゲロウ」
        「キノコ」のデタラメだけど本気の話し
        キノコと嘘とホントが交錯する不思議メカ感覚の世界で巻き起こるアタマ悪い長篇大作


公演アルバム