Make your own free website on Tripod.com

第3回公演

場  所   一心寺Part2

日  時   00/10/21(Sat)

         10/22(Sun)

タイトル   まっくろでんき

   作   中島 伸周

演  出   山本 雅貴

キャスト   蟹船 真智子・・・藤田 陽子

       幌島 粉雪 ・・・藤沢 綺女

       磯村 六男 ・・・日比 正明

       梅友 巻仁 ・・・山本 雅貴

       常神 岬  ・・・高島 奈々

       相崎 慎也 ・・・土井 佳憲

       レポーター ・・・福山 篤史


STORY  部屋の真ん中に大きな白いシーツがある。その真ん中には何かが入っているようで

       少し膨らんでいる。その傍らには1人の男が立っていた。黒いマントにヤマタカ帽

       その男はシーツの傍らに黒いダンボール箱とその上に一輪の赤い花を置いて去って行った。

       白いシーツの中から女が虚ろな目を擦りながら起き上がる。彼女の名は蟹船真智子である。

       彼女は箱に気付き不思議に思いながら箱を開ける。中には怪し気なメカと1枚の説明書が

       入っていた。その説明書には一言こう書かれていた。美しい悪夢を・・・

       真智子は何かを探し求めて街を彷徨い歩く。そこで彼女は色々なまっくろでんき

       探し求める人々に出会う。まっくろでんきという昆虫を探し求める少女粉雪。笠原の

       おぢちゃんが残した宇宙船の誘導装置というまっくろでんきを探し掘り続ける六男

       少し頭の弱い巻仁。そしてカリスマロッカー相崎慎也

       街に広がる様々なまっくろでんきの噂。それは姿形を変え人々を導いて行く。

       真智子は何処へ行くのか?

       アンクル・デンキと名を変えた相崎の真意とは?

       粉雪、六男の運命は?

       そしてまっくろでんきとは一体何なのか?

       世紀末の晩秋に送りだされた数珠’S的情緒溢れる感動作!!


公演アルバム