Make your own free website on Tripod.com

ページ5

パクパク王  人間は他人がやることにはいつも否定的

       で、自分に火の粉がふりかかる事だけを

       極端に恐れ、あたりさわりのないように

       自分の権利なり尊厳を拡大しようと生き

       ている。自分さえよければそれでいい。

       それが人間と呼ばれる生き物なんだ。

マグロ    マグロロロロロー。久しぶりだなあ、パ

       クパク王。

パクパク王  きさまはマグロヘビトンボ。生きていた

       とは。

マグロ    そうだ。俺は貴様を倒す為、そして新し

       い目的の為地獄から蘇った。そして、そ

       の目的の為に貴様には死んでもらう。

鈴音   いちろー!

フチダ  止めるんだ、マグロヘビトンボMk2!お前

     の相手はパクパク王一人。他の者には手を出

     すでない。

鈴音   いちろ・・・。あんたナニよ。なんでこんな

     ことするの。

フチダ  すまない。そんなつもりはなかったの。

一郎     痛あぁ・・・もうだめだ。死ぬうぅ。

パクパク王  一郎ぉ、大丈夫か!?ハタ子さん、すぐ

       に手術の準備を。

鈴音     いちろー助からないの!?

パクパク王  大丈夫だ。

 

鈴音  ねえ?一郎どうなっちゃったの?ダイジョウブ

    だよねえ?いなくなったりしないよね!?だめ

    よ!ぜったいダメ!キーイッ!パクパク王答え

    て。ダメ・・ダメ・・ダメなのよそんなの。

鈴音     こんな世界のまんなかで、わたしを一人

       ぼっちにしないでェェェェ・・・!

パクパク王  なんだ!これは希望のカケラ・・・鈴音

       が心を開いた!希望のカケラ。パクパ宝

       典最後の詩に記された、希望のカケラ。

       さあいざなおう、君達を永遠の楽園パラ

       ダイスへ!